身体障がい者等の人に対する軽自動車税(種別割)の減免について

2022年3月18日

身体に障がいのある人または知的障がい、精神障がいのある人(以下「身体障がい者等」と言う)のために使用される軽自動車について、一定の要件に該当する場合は、申請により軽自動車税(種別割)の減免を受けることができます。

 

対象となる軽自動車

1.身体障がい者等本人が運転するもの(以下「本人運転分」)

2.身体障がい者等のために、身体障がい者等と生計を同一にする者が運転するもの(以下「生計同一者運転分」)

3.身体障がい者等のみで構成される世帯(※1)において、身体障がい者等を常時介護する者が運転するもの(以下「常時介護者運転分」)

  (※1)身体障がい者等のみで構成される世帯は以下のとおりです。

   ・身体障がい者等の単身世帯

   ・身体障がい者と18歳未満の者のみの世帯

   ・身体障害者等手帳を有する者のみの世帯

 

対象となる手帳および障がいの範囲

手帳の種類 障害の程度

 

運転者・等級

障がいの区分

本人運転 生計同一者運転
1級 2級 3級 4級 5級 6級 1級 2級 3級 4級 5級 6級
視覚障がい        
聴覚障がい                
平衡機能障がい                    
音声機能障がい                    

【手帳に「咽頭摘出による」又は「無咽頭」という記載がない場合】

初めて申請する場合に限り、県東部保健福祉事務所又は各総合事務所保健福祉局で発行する証明書を提出

上肢不自由                

手帳に右下肢と左下肢を個別に記載されている場合、次のものを含みます。

・右上肢3級かつ左上肢3級

・右上肢4級かつ左上肢3級

・右上肢3級かつ左上肢4級

下肢不自由 ※2 ※3      

※2 手帳に右下肢と左下肢を個別に記載されている場合、【右下肢7級かつ左下肢7級】を含む

※3 手帳に右下肢と左下肢を個別に記載されている場合、【右下肢4級かつ左下肢4級】を含む

体幹不自由          

乳幼児期以前の非進行性

脳病変による運動機能障がい

上肢機能

               
移動機能      
心臓機能障がい            
じん臓機能障がい            
呼吸器機能障がい            
ぼうこう又は直腸の機能障がい            
小腸の機能障がい            
肝臓機能障がい        
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がい            
戦傷病者手帳 税務課にお問い合わせください
療育手帳 程度欄に「A」の表示がある人
精神障害者保健福祉手帳 「1級」の表示があり、自立支援医療受給者証を交付されている人

 

申請期間

令和417日()  から  令和日()  まで

申請される方は早期の申請をお願いします。

申請窓口

税務課・分庁総合窓口係

(ただし、新規申請については税務課のみとなります。)

必要書類

(1)軽自動車税減免申請書

(2)身体障害者手帳等の該当する手帳

(3)運転免許証

(4)生計同一証明書※4(生計同一者運転で、運転者が身体障がい者等と別世帯の場合)

(5)常時介護証明書※5(常時介護者運転の場合)

(6)自立支援医療受給者証(精神障害者保健福祉手帳所持者の場合)

 

※4、※5については、身体障がい者等の住所地の福祉事務所にて証明を受けてください。

 

申請書等様式

 軽自動車税減免申請書(本人運転分継続用).pdf(75KB)

 軽自動車税減免申請書(本人運転分).pdf(81KB)

 軽自動車税減免申請書(生計同一者運転分継続用).pdf(80KB)

 軽自動車税減免申請書(生計同一者運転分).pdf(87KB)

 (生計同一・常時介護)証明書.pdf(84KB)

 

注意事項

・継続して申請される人も、毎年申請が必要です。

・申請期限を過ぎますと減免を受けることが出来ません。

・減免を受けることが出来る自動車は、身体障がい者等1人につき1台です。

 普通自動車等の自動車税(種別割)との重複はできません。

 

※普通自動車の減免については、鳥取県中部県税事務所(電話:0858-23-3107)にお問い合わせください。

関連ワード

お問い合わせ

税務課
課税係
電話:0858-52-1702
ファクシミリ:0858-49-0000