飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用の一部を助成します

2021年9月9日

飼い主のいない猫対策補助金

琴浦町では、猫のむやみな繁殖を防ぐことで、飼い主のいない猫による地域トラブルを防止するとともに、やむを得ず殺処分に至る不幸なケースの未然防止を図るため、猫の避妊・去勢手術費用の一部を補助します。

補助対象者・補助対象経費

 ・琴浦町内に住所を有する者又は自治会

 ・県内で開業する動物病院で、琴浦町内に生息する飼い主のいない猫の不妊去勢手術にかかる費用

 ・耳先のV字カットにかかる費用

補助金額・限度数

 ・1頭につき 上限10,000円(手術費用が10,000円を下回る場合はかかった費用)

 ・補助事業者1名につき、補助対象年度内に3頭を限度とする(自治会の場合は5頭を限度とする)

受付状況

 令和3年9月9日現在 予算残額55,000円(本年度予算額450,000円)

 (予算額に達した時点で受付終了します。) 

交付申請・請求方法

手術実施後、以下の書類を企画政策課へ提出してください。 

 ・琴浦町飼い主のいない猫対策補助金交付申請書(様式第1号) 様式第1号.doc(19KB) 様式第1号.pdf(45KB)

 ・不妊去勢手術の領収証(原本)

 ・補助対象となる猫の写真(耳先のV字カットが確認できるもの)

 ・琴浦町飼い主のいない猫対策補助金交付請求書(様式第3号) 様式第3号.doc(19KB) 様式第3号.pdf(30KB)

捕獲器貸し出しします(無償)

琴浦町では、飼い主のいない猫に不妊去勢手術を受けさせるため、猫の捕獲をされる方に猫捕獲器を無償で貸し出しています。

貸出期間・手続き

 ・貸出期間は2日間です。ただし、必要に応じて延長も可能です。

 ・貸し出しを希望される方は、琴浦町飼い主のいない猫捕獲器貸出申請書(様式第4号)を企画政策課まで提出してください。

  様式第4号.doc(17KB) 様式第4号.pdf(32KB)

  猫捕獲器.jpg

地域猫活動モデル事業(鳥取県事業)

平成30年度から新たに地域猫活動モデル事業が創設されました。これは県と市町村が連携して、地域猫活動を支援するモデル事業です。活動グループは事前に活動地域の市町へご相談ください。

 地域猫・地域猫活動とは?(鳥取県ホームページ)

事業概要

(1)地域猫活動(所有者のいない猫に不妊去勢手術を施し、その後も地域で管理する取組)への助成を行う市町村に対する支援を行う。
   手術費・広報費 補助率:10/10
   ※補助金上限 メス:22,500円/頭、オス:15,000円/頭
(2)地域猫のエサ代等の管理費の助成を行う。(補助金上限10,000円/頭)
(3)地域猫活動に知見のある専門家による助言を行う

申請者へのお願い

・飼い主のいない猫に対する苦情が多く寄せられているので、迷惑を受けている方も多いことと思いますが、みだりに殺傷したり、町などが捕獲して駆除したりすることは「動物の愛護及び管理に関する法律」によって、禁じられています。 
・飼い主のいない猫に対して関わる場合には、無責任にエサを与えるのではなく、責任を持ってトイレを設置したり周辺の美化を図ったりする等、地域トラブルを防ぐよう努めましょう。

・不妊・去勢手術後の猫を手術前の生息場所に戻す場合は、周辺環境の美化を図り、近隣住民の理解を得るよう努めてください。
・他人の飼い猫を勝手に捕獲しないよう十分確認してください。

TNR後の猫の個体管理のための給餌のルール.pdf(201KB)

 

お問い合わせ

企画政策課
SDGs推進室
電話:0858-52-1703
ファクシミリ:0858-49-0000