家庭ごみの分け方・出し方

2020年7月22日

◆家庭ごみの出し方
分別を正しく行い、収集日の朝午前8時までに、所定の場所に出してください。
ごみ収集日程表をよく確認して出してください。

ごみの種類 分別区分 出し方の注意
可燃ごみ 生ごみ類
紙くず類
木くず類
布くず類
プラスチック類

・必ず、町指定のごみ袋に入れて出してください。

・段ボールや市販の袋、買い物袋などで出されたものは収集しません。

・牛乳パック、トレー、ペットボトルなど再生できるものは分別して再生資源に出してください。

・生ごみは十分に水切りをしてから出してください。

不燃ごみ 金属類
陶磁器類
ガラス類

大きさは一斗缶(23cm×23cm×35cm)までのもの

・肥料袋や米袋、紙類などに入れて出されたものは収集しません。

小型家電 小型電気器具

・コードは50cm以内に束ねてください。

・電池は取り外してください。

・個人情報がある場合は、消去してください。

可燃性粗大ごみ 縦横80cm以内で、長さが2m以内のもの ・大きなもの、長いものは、範囲内の大きさに切断して出してください。
・燃えるものと金属などと分解して出してください。
不燃性粗大ごみ 縦横80cm以内で、長さが2m以内のもの
可燃性と不燃性の複合製品は、不燃性粗大ごみ
・大きなもの、長いものは、範囲内の大きさに切断して出してください。
・家電リサイクル法の施行によってエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機および家庭用パソコンは収集しません。
びん類 大きさが4リットルまでのびん類(一升びん・ビール瓶は酒屋さんなどへ) ・キャップ、ふたをはずして中をきれいに洗って出してください。
・それぞれの地区の収集場所の専用コンテナに入れてください。
缶類 大きさが4リットルまでの缶類 ・中をきれいに洗って、ふたをはずして出してください。
・スプレー缶は中身を使い切ってから、穴をあけてください。
・それぞれの地区の収集場所の専用コンテナに入れてください。
紙・布類 紙類
布類
・ばらけないようにひもなどで結んで出してください。
・新聞・雑誌は別々に、特にナイロン等で梱包されたカタログ、パンフレットは、可燃ごみと再生資源に分別してください。
牛乳パック 500ミリリットル以上のもの ・中を洗って乾かして、切り開いて出してください。
発泡スチロール・トレー トレー、食品用トレー
電気製品などの包装用発泡スチロール
・洗って汚れを落として出してください。
・それぞれの地区の収集場所の専用ネット(青色)に入れてください。
ペットボトル ジュースなどのペットボトル容器 ・中を洗ってふたをとり、ラベルをはずしてください。
・それぞれの地区の収集場所の専用ネット(緑色)に入れてください。

 ※家電4品目

 家電リサイクル法により、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機は回収しません。

 こちらを参照ください。


■ごみ袋

町指定ごみ袋の大きさおよび代金は、次のとおりです。

大きさ
大 800mm(縦)× 600mm(幅)× 0.03mm(厚さ)
小 650mm(縦)× 500mm(幅)× 0.03mm(厚さ)


ごみ袋代金(ごみ処理手数料)消費税込み
大 50枚入 1,350円  10枚入 270円(1枚当たり27円)
小 50枚入  850円  10枚入 170円(1枚当たり17円)

町指定ごみ袋は、町内の商店・スーパーなどで取り扱っています。 

 

 

 

お問い合わせ

企画政策課
環境衛生係
電話:0858-52-1708
ファクシミリ:0858-49-0000