戸籍の届出

2016年9月27日

 

こんなときは 必要なもの 届出の期間 届出先

子どもが

生まれたとき

(出生届)

・出生証明書
(出生届書に印刷されています。医師か助産師の証明)
・印鑑
・母子健康手帳
※特別医療、児童手当の手続きも忘れずに
生まれた日から14日以内

出生地、又は本籍地あるいは

届出人の住所地・所在地の

市区町村役場

 

(本庁舎)町民生活課

(分庁舎)総合窓口係戸籍係

結婚するとき

(婚姻届)

・婚姻届出書※本籍が届出地でないときは戸籍謄本1通
※本人が署名、押印したもの
※成人の証人2人の署名押印
※婚姻届を出しても住所の変更はされません。

(婚姻により転入の方は、前住所地から転出証明をお持ちください)
転入、転出、転居の届出を忘れずに

届け出をした日から法律上の

効力が発生しますので、

できるだけ早く

夫か妻の本籍地・住所地又は、

一時滞在地の市区町村役場

 

(本庁舎)町民生活課

(分庁舎)総合窓口係戸籍係

死亡したとき

(死亡届)

 

死亡の際の手続

 

・死亡診断書

(死亡届書に印刷されています。医師の証明)

・届出人の印鑑

・火葬場使用料

(許可書を発行します。料金はこちらをご覧下さい。)

・死亡の事実を知った日から7日以内

・届出の前に火葬の予約を行ってください

死亡者の本籍地又は届出人の住所地

あるいは死亡した場所の市区町村役場

 

(本庁舎)町民生活課

(分庁舎)総合窓口係戸籍係

・国民年金手帳(加入者のみ)
・国民健康保険証(加入者のみ)
・後期高齢者医療被保険者証など(該当者のみ)
・印鑑登録証(登録者のみ)
・年金証書(受給者のみ)

・葬祭費の手続き(喪主の方の口座が分かるもの)

    詳細はこちら

14日以内

本籍を変えるとき

(転籍届)

・戸籍謄本1通
・筆頭者とその配偶者が署名、押印したもの
いつでも

本籍地・住所地・所在地・転籍先の

市区町村役場

 

(本庁舎)町民生活課

(分庁舎)総合窓口係戸籍係

離婚するとき

(離婚届)

・離婚届出書※本人が署名、押印したもの
※成人の証人2人の署名押印

・戸籍謄本※裁判離婚の時、届出人の印

・裁判の謄本

・確定証明書

裁判離婚の場合は、

調停成立の日から10日以内

 

※夫婦間の未成年の子については

親権者を定めてください

夫婦の本籍地・住所地又は、

一時滞在地の市区町村役場

 

(本庁舎)町民生活課

(分庁舎)総合窓口係戸籍係

*その他、養子縁組(離縁)届、入籍届、分籍届、認知届などあります。
*偽りの届出を防止するために届出の際、窓口にて届出人の本人確認をさせていただきます。運転免許証・パスポートなど顔写真つきの身分証明書を持参してください。

 

戸籍、住民票などの郵送による請求

 

お問い合わせ

町民生活課
戸籍係
電話:0858-52-1704
ファクシミリ:0858-49-0000