町長のご挨拶

                                     

 小松町長顔写真.jpg  町長のページへようこそ

                         鳥取県琴浦町長の小松弘明です。

 

 新しく琴浦町行政を進めいていくためには、多くの町民の方の意見を聴き、多くの情報を提供していくことが重要であります。現状に満足するのではなく、「ワクワク、ドキドキ」する町にするためには、何をすれば良いのか「自ら考え」「行動」するまちづくりを考えています。そのために「次世代へ住んで楽しいまちづくり」の実現を目指し、様々な施策を行っています。

 

 当面の課題としては人口減少、少子高齢化が問題として挙げられますが、具体的には、労働人口の減少により、地域の活性化が失われることへの危機感であります。地方においては、高度経済成長期に都会と同じ機能を求めて、多くの公共施設が整備されてきましたが、今後はそれら施設の維持管理も含め、『戦略的に縮む』ことは避けて通れません。地方は都会に労働力を供給してきましたが、今後、地域の特色を生かして都会から人を呼び込むことが、解決策の一つだと考えます。

 

 そのためには、そこに住んでいる住民が輝き、住んで楽しいまちになることが、第一歩と考えそれを実現するために下記3つの創造政策を柱と考えました。

 

 これは米子市出身の経済学者、宇沢弘文氏が提唱された『社会的共通資本』をもとに、地方でもできる資本整備を少しでも、実現できることを目指しています。今だからこそできることを自ら考え、住民は何をし、行政は何を支援、そして実践していく、『考動』に邁進したいと思います。

 

 従来の継続ばかりでなく、少しでも新しい取り組みを進める町の維新元年としたいと考えております。今後とも町民の皆様が住んで楽しいまちづくりを進めますので、多くの知恵と力を頂けるよう、ご協力よろしくお願い申し上げます。

 

 

3つの創造政策

 

教育:ひとづくり 

素直な心を持った子どもづくりへ環境整備

 

産業:しごとづくり

町が原料生産、加工、販路開拓までの一貫体制構築を支援

(電子取引の検討)

 

協働:まちづくり

住んで楽しいまちづくりへ 特に「健康寿命日本一」