スプレー缶を廃棄するときの注意点について

2018年12月26日

 

スプレー缶.png

 

スプレー缶の廃棄については、

使いきって、爆破の恐れがないように穴を開けてから、カンの日に出していただくことをお願いしています。

しかしながら、全国でスプレー缶のガス抜き等による事故が多く発生していますので、

ガス抜き作業について、以下の点に注意して作業を行っていただきますようお願いします。

 

1.ほとんどのスプレー缶には可燃性ガスが入っています。

  静電気等でも引火する恐れがあるため、残ったガスの排出は火気のない風通しの良い屋外で行ってください。

 

2.残ったガスを放出した際は、火気の使用を絶対にしないでください。

 

3.中身を出し切ってから、穴を空けて廃棄してください。

 

4.スプレー缶等に記載されている注意事項等を必ず読んでから、廃棄作業を行ってください。


★ごみの分別についてはこちらを参照ください。

爆発.png

関連ワード

お問い合わせ

町民生活課
環境衛生係
電話:0858-52-1703
ファクシミリ:0858-49-0000