カルチャー

カルチャー

コラソンリーサ鳥取
岩見 進一郎さん

2020年に発足した、サッカークラブ「コラソンリーサ鳥取」。
町内のみならず県内各地から選手が集まるクラブチームとして着実に知名度を上げている。


プレイヤーから指導者へ
代表兼監督を務めるのは、岩見進一郎さん。
幼少期からサッカー一筋で長年プレイヤーとしてサッカーに打ち込んだ岩見さんだが、県外の高校でプレーする中でチームメイトとのレベルの差を痛感。もっと早い時期から専門的な指導を受けることの大切さを感じ、「いつか指導者として地元でサッカーチームをもちたい」と考えるようになった。
その志どおり、大学時代には指導者資格を取得。
地元に戻ってからは、自身の経験を琴浦の子どもたちのために還元したいと自ら声をかけて選手を集め、一からチームを立ち上げた。

コトウラから広がるサッカーの輪
岩見さんのチーム作りの強みは、スタッフと連携した「きめ細やかな指導」だという。
「正確かどうかわからないけど、10人中10人が納得する形で伝えたい」と語る岩見さん。選手の個性に合ったベストな形での成長をサポートするべく、日々試行錯誤している。
岩見さんが目指すのは、「50年続くクラブチーム」。

設立から3年目を迎えた今、着実に地元からの支持を得てコラソンリーサは躍進を遂げている。
今後、大舞台で活躍する選手が誕生するかもしれない。コトウラから人がるサッカーの輪にぜひご注目を!