下水道の使用についてのお願い

2007年12月27日

下水道は家庭や事業所などからの汚水を流すものです。それ以外のものを流すと、管が詰まったり、処理施設が壊れたり、汚水をきれいにすることができなくなったりします。
下水道はみんなのものです。みんながルールを守って正しく使いましょう。

●薬品などは流さないで
次のような薬品類は流さないでください。
(処理場は微生物のチカラを借りて汚れを分解しています。微生物を殺さないで!)
◎ 塩酸を含む洗浄剤など
◎ クレゾールなどの消毒薬
◎ 防腐剤、除菌剤(ぬめり取り)
◎ 庭の花木の殺虫剤
◎ 農薬や消毒剤

●生ゴミは流さないで
(処理場は計画人口によって設計されています。予定外のものが流入すると処理能力を越えて対応しきれなくなってしまいます。)
野菜くずや残飯などは、管づまりを生じますので、決して流さないように必ず排水口には網か格子を付けて取り除いてください。
天ぷら油などの廃油は、新聞紙にしみ込ませて捨てたり、その他の食用油などはキッチンペーパーなどで拭き取ってから食器を洗ってください。また、ディスポーザー(生ゴミ粉砕機)も管づまりの要因になりますので、使用しないでください。
食器のあとかたづけはぬるま湯で。合成洗剤や中性洗剤は処理場の機能を低下させるため、無リン性のものを使いましょう。また、洗剤の使いすぎも禁物です。

●とけない紙は流さないで
(下水道の管路は人間の血管と同じ。詰まったらたいへんです!)
水洗トイレを利用するときは、トイレットペーパーを使用してください。ポケットティッシュ、ちり紙、紙おむつ、生理用品、ナイロンなどは、水に溶けないので管づまりの原因になります。
また、髪の毛は水に溶けず、ポンプなどの機器の故障の原因となりますので、シャンプーの際は排水口で取り除くようにしてください。

●危険物は流さないで
ガソリン、石油、灯油、シンナー、アルコールなど、揮発性の高いものは管の中で爆発する可能性があり、大変危険ですので、決して流さないでください。また、缶、ビン、乾電池、木片、ビニール、衣類などは管を詰まらせますから、流さないでください。

※ トイレが詰まったときは
市販の「ラバーカップ」を使用すれば、たいていの詰まりはなおります。いざというときのため、準備しておきましょう。

くらしの中から出る汚れの例

 

 汚れのもと( )内の

量を捨てたら

 汚れのおおよその量 BOD

(ミリグラム/リットル)

 魚がすめる水質BOD

(5ミリグラム/リットル程度)

にするために必要な

水の量は風呂おけ何杯分?

(風呂おけ1杯約300リットル)

 しょう油
(15ミリリットル)
 150,000  1.5杯分
 みそ汁
(200ミリリットル)
 35,000  4.7杯分
 おでん汁
(500ミリリットル)
 74,000  25杯分
 使用済みの天ぷら油
(500ミリリットル)
 1,000,000  330杯分
 米のとぎ汁
(2リットル)
 3,000  4杯分
 牛乳
(200ミリリットル)
 78,000  10杯分
 ラーメンの汁
(200ミリリットル)
 25,000  3.3杯分
 日本酒
(20ミリリットル)
 200,000  2.7杯分

お問い合わせ

上下水道課
下水道係
電話:0858-55-7807
ファクシミリ:0858-55-7558