3月は自殺対策強化月間です

2020年3月4日

自殺対策強化月間は、自死や自死関連事象、精神疾患などに対する偏見をなくすために正しい知識を普及・啓発し、命の大切さや自死の危険を示すサイン、また危険に気づいたときの対応方法について理解を深めていただくことを目的に行われます。

 

 

自死は、個人の自由な意思や選択の結果ではなく、健康問題、経済・生活問題など様々な要因が複雑に関係し、「心理的に追い込まれた末の死」と考えられています。また、うつ病などこころの健康問題が大きく関係しています。うつ病について正しく理解し、早く気づき、適切な治療につなぐことは、自死を防ぐことにつながります。

 

 

春は、自分や周囲の生活環境が大きく変わる時期です。ストレスや不安が重なると、誰でもこころの健康を崩すことがあります。

こころの不調は、自分では気づかないことがあります。また、1人で抱え込んでしまったり、体調が悪く意欲がわかないことから相談に行くことができない場合もあります。

食事量が減った、表情が暗い、元気がないなどいつもと違う様子に周囲が早めに気づくことが大切です。いつもと違う様子に気づいたら、声をかけ、ゆっくりと話を聞いてあげましょう。

 

 

●相談窓口

 

琴浦町すこやか健康課 0858-52-1705
琴浦町福祉あんしん課

0858-52-1706

中部総合事務所福祉保健局

0858-23-3147

鳥取県立精神保健福祉センター

0857-21-3031
鳥取いのちの電話 0857-21-4343

自殺予防いのちの電話

0120-783-556

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スーミン(琴浦).gif 

鳥取県「眠れてますか?」睡眠キャンペーンキャラクター「スーミン」(琴浦町ご当地スーミン)

 

 

 

 

 

関連ワード