全国学校給食週間の取り組みについて

2020年1月27日

 

全国学校給食週間に合わせて、琴浦町も給食週間における取組を実施します。

 

給食を食べる男の子.JPG

 

 

1月24日から30日までの1週間は、全国学校給食週間です。

これは、昭和21年(1946年)に東京都、神奈川県、千葉県で戦後初めての学校給食が12月24日に始まり、1ヵ月後の1月24日が「給食記念日」となったことにちなんでいます。

 

学校給食への理解と関心を深め、学校給食のさらなる充実と発展を図るため、全国でさまざまな行事が実施されます。

琴浦町では、つぎのとおり関連行事を実施します。

 

【学校給食に関する児童生徒等の作品展】

日時:令和2年2月3日(月)13時 ~ 7日(金)12時まで

会場:JA鳥取中央トピア店(琴浦町徳万)

 

【給食週間の献立】

学校給食週間特別献立として、琴浦町では、1月23日~31日の間に、町内全小中学校の児童生徒が実際に考えた献立が日替わりで給食に登場します。

東伯給食.jpg

▲昨年度の給食週間中に東伯中の生徒が立てた献立

「身体にやさしい料理」

 

船上給食.jpg

▲昨年度の給食週間中に船上小の生徒立てた献立

「船上の王将」

 

 

【招待給食・交流給食】

学校給食週間中に、各学校で児童生徒と学校給食センター職員、琴浦町学校給食野菜会の皆さんなどと交流給食を行います。

また、今年は、交流給食に琴浦町の町長、副町長、教育長が招待され、児童と一緒に給食を食べて交流します。