【町民の声】子育て支援事業等について

2019年8月21日

〔受付日〕

令和元年7月25日

 


  

〔内容〕

 

1 慣らし保育について

  こども園入園に際し、慣らし保育をお願いしたら2週間と言われた。しかし、子どもが集団生活に慣れるのには1ヶ月はかかった。慣らし保育をしっかりしないと先生も保護者も子どもも辛い。

  

2 子育て支援センターについて

  他町の子育て支援センターは町民だけしか利用できないところが多い。琴浦町の支援センターは町外の人の利用もあるので、遊ばせる場所がなかったり、催しに参加でいない町民も多い。町民のみの利用にならないか。

  

3 保健師の健診対応について

  健診で保健師に子どものことを相談すると、子育ての経験がないんだなと思うような返事ばかりで参考にならなかった。経験豊富で対応の良い人に相談したい。

  

4 子どもの健診について

  乳児健診を毎月実施し、受けやすい体制を整えて欲しい。待ち時間が長いうえ、和室の狭い場所で待たされ大人も子どもも疲れる。

 


  

〔回答〕

 このたびは子育て支援事業等に関し、ご提言ただきありがとうございます。

  

1 慣らし保育について

  慣らし保育については、初日は数時間だけ、次は午前中、給食まで、お昼寝までというように、お子さんの様子を見ながら、段階的に保育時間を延ばしていきますが、お子さんの年齢等にもより、対応が異なります。
 慣らし保育の期間は、保護者の勤務の都合や、お子さんの様子を見て調整させていただいており、短くて数日、長くて2週間とさせていただいております。

 国が示す、慣らし保育が適当と考えられる期間は1週間~2週間とされており、琴浦町でも保護者が仕事に復帰される育児休業期間終了2週間前から入園できるよう対応しております。

 保護者の負担や不安が軽減され、安心して園生活をスタートできるよう、今後も努めてまいります。

  

2 子育て支援センターについて

 子育て支援センターをご利用いただき、ありがとうございます。

 現在、町内には3カ所の子育て支援センターを開設しておりますが、里帰り出産で帰省をされている方等にもご利用いただき、広く交流いただけるようにしております。

 支援センターは親子のふれあいの場、利用者の交流の場となるよう、催し等も開催しておりますが、時期や内容によっては利用者が多くなったり、準備が必要なため定員を設け事前に申し込みをしていただく場合もあります。

 今後とも、多くの皆様に満足してご利用いただける支援センターとなるよう努めてまいります。

 

3 保健師の健診対応について

 健診にご満足いただけなかったことに対し、申し訳ありませんでした。健診の場で適切な支援方法が提案できない場合は、相談内容を保健師間で共有し、後日、お返事させていただくことも検討させていただきます。

 町では、保健師一人ひとりの資質向上を目的とし、定期的に研修を行っているほか、事業の課題や情報の共有を行い多様な支援に対応できるよう日々努めております。

 今後も、保健師の子育て経験の有無に関わらず、町民の皆様が安心して相談していただけるよう努力してまいります。

  

4 子どもの健診について

 乳幼児健診は町内の小児科医、中部圏域の医師などにご協力いただいて年間25回実施しております。

 町が集団で実施する乳児健診は6~8か月児の乳児を対象にしたもので、2か月に1回実施しております。赤ちゃんの負担軽減や円滑に健診を行うため、1回あたりの健診対象者数を20名前後となるように計画しております。
 待合時間を減らす工夫としては、受付時間を2回に分けてご案内するなどの対応を行っております。また、待合時間の活用としては、町民生児童委員のご協力を得ながら絵本の読み聞かせなどを行い、親子が楽しめる健診を心がけております。

年々小児科医等の確保が難しくなっているのが現状で、健診回数の増加についてのご要望にはお応えできかねますが、1回あたりの健診の対象者数を考慮するとともに、充実した健診内容となるよう努めてまいりますので、今後もご理解とご協力をお願いします。

 

お問い合わせ

子育て応援課
電話:0858-52-1709