【町民の声】町営バスの運行について

2019年4月17日
〔受付日〕
平成31年1月11日
 

 
〔内容〕
町営バスの運行事業者変更、ダイヤの見直し等に関する4点の意見について検討ください。
 

 
〔回答〕

町営バスをご利用いただき、ありがとうございます。
町民の足を支える公共交通ですが、昨年、路線バス、デマンドタクシー、スクールバスと、すべての運営事業者からドライバー不足を理由に、4月以降の事業継続が困難であるとの申し入れがありました。
その後、現行の町営バス路線を維持するために、県内のバス事業者だけでなく運送事業者にも範囲を広げ協議を行う中で、2つの事業者(日ノ丸自動車、田中商店)に路線を分けて運行業務を委託することができました。
以上を踏まえ、ご意見を頂きました4点について、回答させていただきますので、ご理解いただきますようお願いします。

 

1 運行事業者について
新規参入事業者が受託をすることについてご心配をいただいておりますが、トラブルが起きないよう運行管理、教育、接客を徹底し、試験運行等も行いながら準備を行っていきます。

 

2 ダイヤの減便、改正について
ダイヤの減便につきましては、バスの委託料が増額していく中、効率化や費用対効果の観点から、年間の乗車平均が1人以下の便を対象に、中学校等へヒアリングを行ったうえで、設定しました。

また、運転手不足の背景には、運転手の長時間拘束も要因の一つであることから、バス事業者からの意見も踏まえたうえで、減便としたものです。

 

3 上中村線の運行形態について
向原バス停については、地元と協議を行い、存続させる事としました。

つきましては車両がこれまでより大きくなるため、向原部落内への乗り入れが難しくなる事から、バス停を現在の場所から約170m移設しています。

 

4 乗継券の廃止について
利用料の減少がみられるなか、今後も町営バスを維持していくに当たり、安定的な収入を確保するために乗継券を廃止としました。
一乗車100円の乗車運賃ですが、1,000円で11枚綴りのお得な回数券を準備していますので、ご利用ください。