介護保険にかかる住宅改修費の給付について

2019年2月21日

住宅改修費の給付について

 介護保険を利用して手すりをつけるなどの住宅改修を行う場合は、7割から9割の保険給付を受けることができます。申請方法は以下の2つがありますので、ケアマネジャーにご相談ください。

 

☆償還払い

 利用者が費用の全額(10割)を支払った後、利用者の負担割合に応じ、7割から9割の保険給付の支給を受ける方法。

 

☆受領委任払い

 利用者が負担割合に応じ、費用の1割から3割(1円未満端数切り上げ)を改修事業者に支払い、残額を町が改修業者に支払う方法。

 

住宅改修の流れ

1 ケアマネジャーに相談してください。

 

2 利用者(またはケアマネジャー)は、住宅改修の必要書類を役場へ提出してください。

提出書類(様式はこちら)

・住宅改修費支給申請書(償還払い用または受領委任払い用)

・住宅改修が必要な理由書

・工事費見積書

・住宅改修を行う図面(平面図など)

・改修前の写真

・債権者登録(工事完了時でも結構です)

・請求書(償還払い用または受領委任払い用。工事完了時でも結構です)

・住宅改修費受領委任払制度に係る誓約書(受領委任払いの場合のみ)

 

3 提出された書類に基づき審査し、必要があれば要介護(要支援)者および住宅の状況について現地確認を行います。

 

4 審査に基づき住宅改修工事着手の指示を行います。

 

5 指示に基づき工事を行い、完了後に下記の書類を提出してください。

提出書類

・改修後の写真

・住宅改修工事内訳書

・領収書

・受領委任払いの場合は自己負担額の領収書(1円未満端数切り上げ)

 

6 書類を審査し、必要があれば現地確認を行います。

 

7 審査に基づき、住宅改修費の支給決定および支払いを行います。

 

 

お問い合わせ

すこやか健康課
高齢福祉係
電話:0858-52-1716
ファクシミリ:0858-52-1524