環境パトロールを実施 ごみの分別にご協力ください。

2018年7月27日

 琴浦町では、「ごみ減量・リサイクル推進週間」の取り組みとして、毎年、環境パトロールを実施しています。

 ごみを収集しながら、分別の状況、減量化への取り組みについて調査を行い、ごみの分別・減量を推進していくこととしています。

環境パトロール

 

実 施 日  平成30年6月28日(木)

 

調査内容  可燃ごみの出し方、分別状況

 

調 査 員  琴浦町長、琴浦町議会議長、琴浦町議会教育民生常任委員長、婦人会、鳥取中部ふるさと広域連合職員、町民生活課職員

 

調査結果

・生ごみの水切りが不十分なものがありました。

・分別すれば資源となる紙、ダンボール類、ペットボトル、食品トレー、布類の混入が見られました。

 特に、食品トレーやペットボトルが多く混入していました。

 ペットボトル、トレーが

 

 

今後の取り組み

・生ごみの水を切ってもらうなど、ごみを出すときに気をつける点について周知が必要です。

・資源ごみとなる紙類、ペットボトル、食品トレーなどの分別をしていくことが必要です。

・再資源化後の活用方法などを広報するなどして、分別に協力していただくことが必要です。

 

 

琴浦町のごみ収集の現状

 町全体のごみの排出量は、人口減少に伴い減少していますが、核家族化・独居などにより1人あたりのごみの排出量は増加傾向となっています。排出されるごみの90%以上を可燃ごみが占めています。可燃ごみを減らしていくことが、ごみの減量につながります。

 また、最終処分場クリーンランドほうきは、現在使用している場所があと2年程度でいっぱいとなるため、現在増設の工事をしていますが、増設後でも20年程度で満杯の予定です。今後、災害ごみ等の受け入れも考えられ、最終処分場を延命化していくためにも、ごみの減量・分別に取り組まなければいけません。

琴浦町可燃ごみグラフ

 

関連ワード

お問い合わせ

建設環境課
環境衛生係
電話:0858-55-7808
ファクシミリ:0858-55-7558