平成31年度国民健康保険税の計算例

2019年7月8日

赤字部分:平成31年度の税率)  

 

夫A(45歳・給与所得250 万円)、妻B(42歳・パート所得30 万円)、子供2 人、夫の母C

68歳・年金所得63万円)で、固定資産税額6 万円の国民健康保険加入世帯の保険税

医療給付費分

 (1) 所得割…(【A:250万円-33万円=217万円】+【B:30 万円-33万円※0より少ないので算入しない】+【C:63万円-33万円=30万円】=247万円※)×6.5160,550

※基準総所得額(所得割の計算の元となる金額)

(2)資産割…6 万円×23.013,800

(3)均等割…21,500 ×5人 =107,500

(4)平等割… = 21,500

 医療給付費分の年間保険料 (1)+(2)+(3)+(4)=303,350 円 ⇒100 円未満切り捨て = 303,300

 

後期高齢者支援金分

(1)所得割…(※基準総所得額247万円)×2.4 59,280

(2)資産割…6万円×7.04,200

(3)均等割…7,200 ×5 人 = 36,000

(4)平等割… = 7,500

後期高齢者支援金分の年間保険料 (1)+(2)+(3)+(4)= 106,980 円 ⇒100 円未満切り捨て = 106,900

 

介護納付金分40歳から64歳までの国保加入者…※(1)~(4)は夫Aと妻Bが対象

(1)所得割…(※AとBの基準総所得額217万円)×1.634,720

(2)資産割…6万円×8.04,800

(3)均等割…8,100 ×2 人(AとB) = 16,200

(4)平等割… = 5,300

介護納付金分の年間保険料 (1)+(2)+(3)+(4)= 61,020 円 ⇒100 円未満切り捨て = 61,000

 

年間保険料: (医療給付費分+後期高齢者支援金分+介護納付金分)= 471,200 円 

(※年度途中での加入・脱退のとき…年間保険料 × 加入月数/12 = 保険料)

 

 【参考1】給与所得の算出表

給与収入金額

給与所得金額

650,999

0

651,000 円 ~ 1,618,999

給与収入額-650,000

1,619,000 円 ~ 1,619,999

969,000

1,620,000 円 ~ 1,621,999

970,000

1,622,000 円 ~ 1,623,999

972,000

1,624,000 円 ~ 1,627,999

974,000

1,628,000

1,799,999

【端数処理】給与収入金額÷4

=A(千円未満の端数切捨て)

A×2.4

1,800,000

3,599,999

【端数処理】 給与収入金額÷4

=A(千円未満の端数切捨て)

A×2.8180,000

3,600,000

6,599,999

【端数処理】 給与収入金額÷4

=A(千円未満の端数切捨て)

A×3.2540,000

6,660,000 円 ~  9,999,999

給与収入金額×0.91,200,000

10,000,000 円 ~

給与収入金額×2,200,000円

 

【参考2】年金所得の算出表 

受給者の年齢

11日現在

公的年金等の収入金額の合計額・・・B

年金所得金額

65 才未満

~ 1,299,999

B700,000

1,300,000 円 ~ 4,099,999

B×0.75375,000

4,100,000 円 ~ 7,699,999

B×0.85785,000

7,700,000 円 ~

B×0.951,555,000

65 才以上

3,299,999

B1,200,000

3,300,000 円 ~ 4,099,999

B×0.75375,000

4,100,000 円 ~ 7,699,999

B×0.85785,000

7,700,000 円 ~

B×0.951,555,000

 

 

お問い合わせ

税務課
電話:0858-52-1702
ファクシミリ:0858-49-0000