平成30年度 固定資産価格等の縦覧・閲覧について

2018年4月3日

平成30年度固定資産税の縦覧(閲覧)期間は下記のとおりです。
縦覧とは、所有する資産の評価額が適正であるかを確認するため、縦覧帳簿により周辺の資産と比較することができる制度です。

また閲覧とは、所有資産の課税内容を確認できる制度です。

 

○縦覧・閲覧期間

 4月2日(月)~5月31日(水)
 8:30 ~ 17:15
 ※土・日及び祝日は除く

 

○縦覧・閲覧場所
 本庁舎税務課 及び 分庁舎総合窓口係

○縦覧できる人 
 ・土地の納税者(土地の縦覧帳簿)
 ・家屋の納税者(家屋の縦覧帳簿)
 ※ただし免税点(一定の課税標準額)未満の方は縦覧できません。

 

○閲覧できる人
 ・土地及び家屋の所有者
 ・借地、借家などの利害関係人(該当する資産のみ)
 ※利害関係人はそれを証明する賃貸借契約書等が必要です。

 

○手数料 
 ・無料 
 ※固定資産名寄帳(閲覧用)等のコピーは、1枚につき10円  必要です。

 

○必要なもの 
 ・本人確認ができるもの(運転免許証等の顔写真付のもの※保険証等の顔写真のないものは2点)
 ※本人以外の方が縦覧・閲覧する場合は、委任状が必要(同一世帯の場合は不要)

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

税務課
電話:0858-52-1702