衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査 投票日は10月22日(日)

2017年9月29日

 衆議院の解散に伴い、以下の日程で選挙が執行されます。

 公示日 10月10日(火)  選挙期日 10月22日(日)  

 29衆 全戸配布チラシ.pdf(277KB)

 

 10月22日(日曜日)は、衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査の投票日です。      

 この選挙は、私たちにとって重要な選挙です。選挙公報などで候補者を見きわめ、みなさんそろって投票しましょう。

 

投票できる人は


 平成11年10月23日までに生まれた人(平成29年10月22日現在満18歳以上の人)で、平成29年7月9日までに琴浦町の住民票が作成され、引き続き3か月以上住民基本台帳に記録されている人です。

 また、平成29年9月時点の琴浦町選挙人名簿に登録されていない人のうち、次の要件のすべてに該当する人も対象となります。

  1)琴浦町の住民票登録期間が3か月以上であった。

  2)平成29年6月9日以降に転出した。

  3)他市町村の選挙人名簿に登録されていない。

 

琴浦町内で転居した人は


 琴浦町の選挙人名簿に登録されている人で、平成29年9月28日までに琴浦町内での転居の届出をされた人は、新住所地の投票所で投票ができます。
 平成29年9月29日以降に届出をされた人は、旧住所地の投票所での投票になります。
 投票所入場券に投票所が記載されていますので、ご確認ください。

 

投票用紙は3種類です


 今回の選挙は次の3種類で、投票はこの順序で行われます。

 【小選挙区選出議員選挙鳥取県第二区】 候補者の氏名を記入してください。

   投票用紙の色:ピンク色 

 【比例代表選出議員選挙】 政党等の名称か略称を記入してください。

   投票用紙の色:あさぎ色(薄い藍色)

 【最高裁判所裁判官国民審査】 やめさせたい裁判官の欄に×を記入してください。

   投票用紙の色:うぐいす色(薄い緑色)

 

投票所入場券はハガキで郵送します


 投票所入場券は、ハガキ一枚に1人分が印刷されています。自分の名前が印刷されている入場券を投票所へ持参してください。

 なお、入場券が届かなかった、あるいは紛失された場合などでも、選挙人名簿に登録されている人は投票できます。投票所で係員に申し出てください。

 投票所入場券は10月10日から10月13日までの間に、郵便局を通じて配達する予定です。

 

投票所入場券の裏面に期日前投票宣誓書を印刷しています


 期日前投票の待ち合い時間を短縮するため、投票所入場券の裏面に期日前投票宣誓書が印刷されています。
 期日前投票をされる際に、あらかじめ記入しておくと、受け付けが早く済みますので、ご協力ください。

 

投票所のご案内


 投票日当日の投票所は、入場券の表面に記載していますのでご確認ください。

 投票区・投票所の一覧は次のとおりです。

 29衆 投票区、投票所一覧.pdf(46KB)

 

代理投票ができます


 心身に障がいがあるなどの理由により自分で書くことができない場合には、投票所の係員に申し出てください。係員が代筆(代理投票)します。

 ※代理投票は、選挙人に代わって、係員が投票所内で選挙人の意思を確認して投票用紙に候補者名等を記載するものです。

  したがって、家族の方、付き添いの方などは代理で記載することはできませんのでご注意ください。

 

投票日に都合が悪い場合には期日前投票ができます


 投票日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭、歩行困難などで投票所に行けない人は、期日前投票ができます。
 投票する日までに投票所入場券が届いている場合は、入場券をご持参ください。

 

  日時  10月11日(水曜日)~10月21日(土曜日) 午前8時30分~午後8時00分

  場所  琴浦町役場本庁舎厚生棟 1階 多目的会議室

      

 ※投票にお越しの際は、東伯郵便局側入口からお入りいただくと便利です。

 ※印鑑は不要です。

 ※法令の規定により、投票当日に投票所に行くことができないと見込まれる理由を記入した宣誓書の提出が必要です。

  宣誓書は、投票所入場券の裏面に記載してありますので、あらかじめご記入いただくと受付時間が少なくて済みます。

   

期日前投票所行きの無料送迎車両を運行します


 赤碕地域にお住まいの方の期日前投票の利便を図るため、期日前投票の期間中、無料送迎車両を運行します。

 事前の予約は不要、料金は無料です。

 出発時刻までにつぎの集合場所に案内看板を設置していますので、そちらまでお越しください。

  運行期間         10月11日(水曜日)~10月21日(土曜日)

  出発時刻及び集合場所   午前10時00分 琴浦町役場分庁舎ロビー

               午後 3時00分 琴浦町役場分庁舎ロビー

 ※帰りの便は、乗車された皆さんの投票が終わり次第、期日前投票所を発車します。

 

不在者投票について 


○仕事や旅行など滞在先での不在者投票

 仕事や旅行先などのため、選挙期間中、琴浦町外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。

 以下でご案内するとおり、郵便等により投票用紙を送付するなど一連の手続きに時間を要しますので、できるだけ早めに請求してください。  

 

 1)町選挙管理委員会に投票用紙を請求します。下記PDFファイルを印刷してください。 

   29衆 不在者投票宣誓書・請求書.pdf(98KB)

 2)請求書に必要事項を記入の上、町選挙管理委員会に郵送します。なお、電子メールやFAXでの受付はできません。

 

 3)あなたが指定した滞在場所に投票用紙、投票用封筒(外封筒と内封筒)不在者投票証明書が町選挙管理委員会から郵送されます。

   これらは透明のビニール袋に入っていますが、絶対に開封しないでください。

 

 4)選挙の公示日の翌日以降できるだけ速やかに、郵送された投票用紙等をお持ちの上、滞在地の選挙管理委員会で、不在者投票を行ってください。 

 

○病院や老人ホーム等に入院・入所中の人

 不在者投票施設の指定を受けている病院、老人ホーム等に入院、入所している人は、その施設で不在者投票をすることができます。

 詳しくはそれぞれの施設にお問い合わせください。

 ■琴浦町内の指定施設

  ケアハウスみどり園

  特別養護老人ホームみどり園

  特別養護老人ホーム百寿苑

  軽費老人ホーム第2ケアハウスみどり園

 

○選挙期間中に18歳になる人

 投票日当日までに満18歳を迎えるが、投票を行おうとする日現在、まだ18歳になっていない人は、期日前投票所で不在者投票ができます。

 

○郵便等による不在者投票

 身体に一定の重度の障がいがある人が選挙管理委員会にあらかじめ登録し、選挙時に投票用紙等を請求し、自宅等において投票用紙に記載して、これを郵便等で名簿登録地の選挙管理委員会に送付することで投票できる制度です。(ただし、電子メールやFAX、持参での投票はできませんのでご注意ください。)    

 この制度を利用するには、事前に郵便による不在者投票をすることができる選挙人であることを証明する「郵便等投票証明書」が必要です。

 郵便等投票証明書の交付を受けた人は、10月18日(水曜日)(必着)までに琴浦町選挙管理委員会に請求すれば、郵便等により不在者投票をすることができます。

 以下の(1)~(3)のいずれかの要件に該当する人は、郵便等投票証明書の交付ができますので、できるだけ早く町選挙管理委員会に申請してください。

  (1)身体障害者手帳の交付を受けている人
      両下肢、体幹、移動機能(1級、2級)
      心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸(1級、3級)
      肝臓、免疫障害(1級~3級)

  (2)戦傷病者手帳の交付を受けている人
      両下肢、体幹(特別項症~第2項症)
      心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓(特別項症~第3項症)

  (3)介護保険の被保険者証の交付を受けている人
      要介護状態区分(要介護5)

 

○郵便等による不在者投票(代理記載による投票)

 上記の郵便等による不在者投票をすることができる人で、かつ、自ら投票の記載をすることができない者として定められた障がいのある人(次のアまたはイに該当)は、あらかじめ選挙管理委員会に届け出た代理記載人に投票用紙へ記入してもらうことができます。

  ア 身体障害者手帳の交付を受けており、上肢または視覚の障がいが1級の人

  イ 戦傷病者手帳の交付を受けており、上肢または視覚の障がいが特別項症から第2項症までの人

 

選挙公報を配布します


 選挙公報を10月17日(火)に全戸配布する予定です。

 

 

地図

琴浦町期日前投票所