【注意喚起】住宅用太陽光発電を含む発電設備の『みなし認定』失効期限まで残り1ヶ月です

2017年9月4日

 4月1日から、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)が新しくなりました。

 これに伴い、平成28年度までに、経済産業省から太陽光等の売電設備設置の認定を受けている方は、新しい制度が始まった時点で『みなし認定』を受けている状態です。『みなし認定』を受けている方は、下記のとおり原則として9月30日(土)までに、新しい制度に基づく事業計画の提出が必要です。

 ※この事業計画の提出は、既に売電されている方や、住宅用太陽光発電設備(10kW未満)の方も求められています。

     ただし、10kW未満のみなし認定については、12月31日(日)まで事業計画の提出が延長されました。
 
  事業計画を提出しない場合、認定取消しの対象となる可能性がありますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

詳しくは、以下のファイルでご確認ください。

資源エネルギー庁のお知らせ(2MB)

みなし認定について(鳥取県)(478KB)

 

関連ワード

お問い合わせ

町民生活課
環境衛生係
電話:0858-52-1703
ファクシミリ:0858-49-0000