水稲、飼料作物等の病害虫の発生について

2017年6月29日

現在、琴浦町内各地のほ場で「アワヨトウ」という病害虫(幼虫)の発生が確認されています。

発生の見られるほ場では、被害の拡大を防ぐため、早期の農薬散布などの対策を行ってください。

 

なお、散布にあたっては、周辺農作物等への影響について十分にご注意いただくとともに、アワヨトウの幼虫は移動するため、

畦畔等を含めた範囲で散布するなど、適切な防除にご協力をお願いいたします。


【アワヨトウとは】

・トウモロコシや水稲などのイネ科の作物に多く発生する害虫。

・主に梅雨時期に中国大陸から長距離移動して飛来する、長距離飛来性害虫のひとつ。

・若齢幼虫の体色は淡黄緑色、成長により灰緑色から黒緑色まで体色変異する。

・体に縦筋が通り、頭部はオレンジ色で黒いハの字型の斑紋がある。

・成長すると体長3~4cmになり、イネ科をはじめとする作物を食べる食害がある。

 

shokugai.JPG  awayotou.JPG

               食害の状況                         アワヨトウ(幼虫)

お問い合わせ

農林水産課
電話:0858-55-7802