農家のみなさまへ 野焼きにご注意ください

2017年8月10日

芝・あぜ草等の野外焼却による火災や苦情が寄せられています。


廃棄物の野焼きは、法律(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)で禁止されています。

しかし、芝カスの野焼きなど農業を行うためにやむを得ないものとして行う焼却について、周辺地域の生活環境に与える影響が軽微なものは例外とされています。

ただし、野焼きをする場合は、次のような配慮が必要となります。

 

 1 煙の量や臭いが近所の迷惑にならない程度の少量(苦情が出ない量)にとどめる。
 2 周囲の燃えやすい草等は、事前に刈り取り、延焼に注意する。
 3 風向きや強さ、時間帯を考慮する(夜間は焼かない)
 4 草木はよく乾かし、煙の発生量を抑える。乾かす場合は、他人の敷地内、道路等にはみ出さないよう気をつける。
 5 廃プラスティック(肥料袋など)やビニールを焼却しない。
 6 すぐに消し止めることができるよう、水などを準備し、目を離さないようにする。

 

マナーを守っていただきますようお願いします。

お問い合わせ

農林水産課
電話:0858-55-7802
ファクシミリ:0858-55-7558