猛毒きのこ(カエンタケ)にご注意ください。

2017年9月19日

 町内で猛毒キノコ(カエンタケ)の発生が確認されました。

 カエンタケは夏から秋にかけて発生し、表面はオレンジ色から赤色、細長い円柱状または棒状で、土から手の指が出ているように生えます。

 毒性は強く、誤って食べた場合には、多臓器不全などを起こして死亡する恐れがあります。なお、触っただけでも皮膚がただれる恐れがありますので、絶対さわらないように、また、近寄らないようにしてください。

 行楽の季節、自然に親しむ機会が増えてきますが、他人の山での無断採取をしない、確実に食用と判断できないキノコや山菜は食べないようにしましょう。

 

 鳥取県ホームペもご参照ください。

お問い合わせ

農林水産課
農林水産振興係
電話:0858-55-7802
ファクシミリ:0858-55-7558