琴浦町人権フェスティバルを開催しました

2016年8月8日

「琴浦町人権フェスティバル」を、7月31日(日)まなびタウンとうはくで開催しました。

 

このフェスティバルは、法務省の委託事業として開催し、午前は子ども向け人権啓発イベントを、

午後は「第12回琴浦町差別をなくする町民のつどい」を行いました。

 

また倉吉人権啓発活動地域ネットワーク協議会のみなさんなど、多くの方にご協力いただきました。

 

 

 【午前のイベントの様子】    

人形劇2

        人形劇(人形劇団いとぐるま)

   人形劇団いとぐるまは、障がいのある人も一緒に活動している人形劇団です。

   視覚障がいのある人による点字朗読や、米子弁による人形劇を上演していた

  だきました。

 

キーホルダー
人権イメージキャラクター キーホルダーづくり

    人権擁護委員の皆さんによ、人KENまもる君・あゆみちゃんのキーホル

    ダーや筆立てづくりも、大人気でした。


   その他、「朗読サークルなごみ」のみなさんによるペープサートや大型絵本による「うた と おはなし」

         映画上映、人権啓発パネル展示などを行いました。

   また、県立琴の浦高等特別支援学校の生徒さんに、ボランティアとして運営に協力していただきました。

 

 

【第12回差別をなくする町民のつどい(午後)】  

 「一人一人の人権が尊重されるまち“ことうら”をめざし、ここにつどい、学びあおう」をテーマに開催しました。

 

           船上     

         

          実践発表 ふるさとを愛し 未来を担う 子どもたちの笑顔をささえるために

                 ~船上小学校 学校・地域戦略会議の取り組みから~

    

                                         

           講演  オール1の落ちこぼれ、教師になる ~子どもに笑顔を~

               講師 宮本延春さん(元高校教諭、作家) 

                 

 

 

※NPO法人東伯けんこう、県立琴の浦高等特別支援学校による加工品や野菜の販売も行いました。

 

      

    

                   人権

 

 ※暑い日でしたが、多くの方にご参加いただきました。

  ありがとうございました。        

お問い合わせ

人権・同和教育課
電話:0858-52-1162
ファクシミリ:0858-52-1122