8月は食品衛生月間です

2017年7月21日

 食中毒は、その原因となる細菌やウィルスが食べ物に付着し、体内に侵入することによって発生します。

 食中毒というと飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。夏場は、気温や湿度が高くなり細菌が繁殖しやすくなりますので、食中毒菌を 「つけない」 「増やさない」 「やっつける」 を守って食中毒予防に努めましょう。

 また、お盆の期間中は、帰省される方など来客が増えます。仕出し料理などをとる場合は食べる時間に配達してもらうように心がけましょう。

 

 

つ け な い

 

 手には、様々な雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウィルスを食べ物につけないようにこまめに手を洗いましょう。

  ・調理を始める前

  ・生の肉や魚、卵などを取り扱う前後                                                                

  ・調理中に、トイレに行ったり、鼻をかんだりした後

  ・おむつ交換や動物に触れた後

  ・食卓につく前

  ・残った食品を扱う前

 

            手洗い少年.png                                                                                                                                                          

 

増 や さ な い 

 

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になります。食べ物に付着した菌を増やさないためには、低温で保存することが重要です。

  ・肉や魚などの生鮮食品は、購入後、できるだけ早く冷蔵庫に入れましょう

  ・調理後の料理は、室温で長時間放置しないようにしましょう

   ※ 細菌は冷蔵庫に入れてもゆっくりと増殖しますので、冷蔵庫を過信せず、早めに食べきるように心がけましょう。

                                                                                                                                                                                   

        給食少年少女.png                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

や っ つ け る

 

 ほとんどの細菌やウィルスは加熱によって死滅するので、しっかり加熱して食べましょう。

  ・中心までよく加熱しましょう(中心部75度で1分以上)

  ・生の肉や魚を扱った調理器具はよく洗いましょう。

   ※ 洗った後、熱湯をかけるとより効果的です。

 

        クッキング親子.jpg                

 

 詳しくは、 厚生労働省ホームページ 鳥取県ホームページをご覧ください。

 

 

 

 

お問い合わせ

子育て健康課
電話:0858-52-1705
ファクシミリ:0858-49-0000