【町民の声】期日前投票所の分庁舎設置について

2015年12月11日
【受付日】
 2015年11月24日

【内容
 赤碕地区の高齢者、障がい者の方は、本庁舎で期日前投票を行うことが困難であり、期日前投票所を分庁にも設置することについて選挙管理委員会で検討されたい。

【対応】
 この度は、貴重なご意見ありがとうございます。
 まず、期日前投票所ですが、平成21年8月の衆議院議員総選挙から本庁舎の1箇所で実施しています。その理由の大きなものとして以下の3点があります。
 (1) 職員数の削減などに伴い、期日前投票事務の責任者の配置が困難となったこと
 (2) 選挙運営に係る経費の節減
 (3) 他自治体の期日前投票所の設置状況
 この他にも選挙を行うにあたっては、いかなるミス、誤りがあってはなりませんので、突発的な出来事にも対応できる選挙管理委員会事務局のある本庁舎1箇所としたところであります。
 他の自治体では、近年の選挙において大型商業施設に期日前投票所を設置した事例や期日前投票所を増設した事例があり、町選挙管理委員会でも、その効果について検証した経過はあります。
 期日前投票所を増やすことは、確かに有権者の利便性が向上するものですが、人的体制や費用面など多くの課題があり慎重に対応する必要があります。
 また、期日前投票所を本庁舎の1箇所にしてから、6年が経過していますが、投票者数、投票率などにも大きな影響はなく、有権者の皆様に定着しているものと考えており、現在のところ期日前投票所を分庁舎に設置することは考えておりません。
 期日前投票は、選挙当日の投票の原則の例外として定められたものであります。選挙当日の投票所は、町民の皆様の比較的身近な施設に設けており、また、期日前投票のように宣誓書の記入も必要がなく、より簡単に投票ができますので、そちらを多く利用していただくなど、ご理解をいただきますようお願いします。

お問い合わせ

選挙管理委員会事務局
電話:0858-52-2111
ファクシミリ:0858-49-0000