子どもの医療費助成の対象年齢が拡大します

2015年9月18日

poster_70.png 

 

平成28年4月1日から小児特別医療費助成制度の対象年齢が拡大します!

 特別医療費助成制度とは、子育て世代の負担を軽減するとともに、子どもたちが安心して必要な医療を受けられるよう、医療費の一部を本人に代わり、県と市町村で負担する制度です。

対象者は青色の特別医療費受給資格証を保険証と一緒に医療機関に提示すると、病院での支払いが自己負担額までとなります。

 

 ●自己負担額

  ・通院: 530円/日(同じ医療機関の場合は月5回目以降は無料)

  ・入院:1,200円/日(減額認定証等の交付を受けている場合は月16日目以降は無料)

  ・薬局:自己負担額なし

  ※保険外診療、入院時の食事代は除きます。 

 

 ●拡大の内容

  ・現行         /15歳を迎える年度の年度末まで

  ・平成28年4月1日から/18歳を迎える年度の年度末まで

  ※就職や結婚している場合も対象になります。

 

必要な手続き

 平成10年4月2日~平成12年4月1日生まれの方(高校1年生・2年生の年代)は申請手続きが必要です。

申請いただくと青色の特別医療費受給資格証を交付します。

 ●申請に必要なもの

  ・申請書

  ・印鑑

  ・対象者の保険証

 ●申請場所

  ・役場本庁舎健康対策課 又は 分庁舎分庁総合窓口係

 

 

特別医療費受給資格証.png

 

 既に助成の対象となっておられる方(中学生までの方)は、申請手続きは必要ありませんが、現在お持ちの受給資格証の有効期限は、中学校を卒業する年度の年度末までとなっております。

対象年齢が拡大となりますので、有効期限を更新した受給資格証を送付します。

※送付は平成28年2月頃を予定しています。送付する受給資格証は平成2841日からご使用ください。

 


 

 

医療費助成対象年齢拡大.pdf(1MB)

 

お問い合わせ

町民生活課
保険係
電話:0858-52-1707
ファクシミリ:0858-49-0000