【町民の声】高齢者実態調査の個人情報取扱いについて

2014年7月11日

受付日 2014年 6月30日

 

内容
 先日高齢者の意識調査がありましたが、プライバシー上問題がありはしないか?調査自体は良いとしても関係部署以外には閲覧させないとの一言を載せておくべきでしょう。役場職員達が自由に読んだり、他人にこっそり話したりすれば問題が発生しかねないと危惧します。

 

対応
 高齢者実態調査へのご意見ありがとうございます。

 このたびの調査は、今年度見直しを図る第6期介護保険事業計画策定の基礎資料とし計画に反映させ、琴浦町の高齢者の方たちが、いつまでもいきいきと住み慣れた地域で暮らし続けられる体制づくり・町づくりを目的として実施しています。また、どのような習慣や生活が介護予防に有効かを検証したり、今の生活を継続していただくため、介護予防が必要な方を早期に把握し、介護が必要となる前に町が実施する介護予防事業等を紹介させていただくことも目的のひとつであり、3年に1回実施している調査です。

 調査項目が多く、大変ご面倒をおかけしますし、また個人情報を書いていただく内容もあり、不愉快なお気持ちやご心配をおかけしていますことお詫びいたします。今回の調査で収集した個人情報は、上記目的以外には一切使用いたしません。その点は、調査票の1ページ目に記載しておりますが、説明が不十分だったため、この場をお借りし補足させていただきます。

回答調査票は福祉課内で保管し、閲覧も福祉課職員とデータ入力・分析を行う委託業者(琴浦町個人情報保護条例に則り委託契約しています。)のみに限っており、データ集計・分析後に、調査票は福祉課で責任をもって廃棄いたします。また、調査票から得られた内容を他者にむやみに話したり漏らしたりすることは、地方公務員法第34条(秘密を守る義務)に反することであり、その点各職員が自覚しておりますが、再度、福祉課全体で徹底できるよう指導していきます。

 今回いただいたご意見は、3年後の次回調査の調査票作成の際に反映させ、個人情報の取扱いに留意し実施していきますので、引き続き高齢者実態調査へのご理解・ご協力をいただきますようよろしくお願いします。大変貴重なご意見をいただきありがとうございました。

関連ワード