【町民の声】スポーツ推進委員の活動について

2014年4月4日

【受付日】

2014年2月14日


 ご意見をお寄せいただきありがとうございます。

 

 ご指摘のありましたスポーツ推進委員の活動については、平成23年に制定された「スポーツ基本法」により、体育指導委員からスポーツ推進委員へと名称が変更され、町内のスポーツ推進のための町事業等の実施に係る支援やスポーツの実技指導等を行っていただくため、2年任期で、現在27名(地区ごとに八橋5名、浦安4名、下郷4名、上郷2名、古布庄2名、赤碕4名、安田2名、成美2名、以西2名)の方を委嘱し、種々の事業に協力していただいております。

 

 ご意見を項目別に分けてお答えさせていただきます。

 


 

【内容1】

 スポーツ推進委員という方々が、一体何をされているのか?今一つ形が見えません。

参加しているのは同じ顔。参加率がとても悪い。名前だけの推進員ですか?出来ないのなら役を引き受けてはいけないと思います。

 

【対応1】

 スポーツ推進委員の活動として、委員会主催の行事(体力づくり教室5回、町民体力づくりウォーキング、町民スポレク祭)を始め、町行事及び体育協会等の事業支援(元旦マラソン&ウォーキング大会、駅伝、ペタンク大会、白鳳祭、グルメウォーキング等)。また運動会やスポーツ指導等地区公民館事業への協力、部落や小学校親子活動でのレクリエーションやニュースポーツ指導等、各種多様なスポーツニーズに対応すべく活動を行っています。

 ご指摘のありましたように、勤務時間の関係もあり委員の出席が偏る傾向はありますが、担当制を取り入れる等偏った参加とならない様に、月1回開催される定例会で等で調整に努めております。

 また委員選考の際にはスポーツ振興に意欲のある方に委員となっていただけるよう、今後も積極的に呼びかけてまいります。また、その活動も積極的に広報してまいります。

 


 

【内容2】

 高齢化している様で、若い人が入れない状況。それでは育たない。

是非、定年制を導入して頂き、若い力が発揮できる場を与えてください。

 

【対応2】

 人選は教育委員会事務局で行い、地域バランスや年齢構成等を考慮しております。スポーツは若い人だけでなく、各生涯期にあったスポーツの推進といった観点から、委員構成は幅広い年齢構成も必要と考えております。現在の委員の年齢構成は、20~30歳代3名、40~50歳代19名、60~70歳代は5名となっています。

 ご指摘のありました若い力を発揮できる場を与える必要性については、若い世代のスポーツ全体への参加の働きかけや、スポーツ推進委員会定例会等でそれぞれの意見を積極的に話し合い、若い力が発揮できるよう意見交換を重ねてまいります。

 


 

【内容3】

 研修という名の県外出張があると聞く。しかし、中身は旅行、遊び気分。いかがなものか。この様な方々に公費を払ってまで活動して頂く必要はないと思っています。今一度、見直す時ではないでしょうか?よく検討してください。

 

【対応3】

 県外研修は、中国地区研修会と全国研究協議会があります。

これらの研修は、地域スポーツの発展とスポーツ推進委員の資質向上、県内外の委員との意見交換を目的に参加しております。原則、中国地区研修会へはマイクロバス借上げ等を公費負担しています。また中国地区研修会と全国研究協議会については、代表者と被表彰者のみ旅費を支給しております。

 これらの研修参加は、国内の幅広いスポーツ推進委員の活動を見聞きし、その枠を広げ、町にとって新しい取り組みとできるようにとの考えで行っております。

 


 

 いただきましたご意見は、スポーツ推進委員会でも活動のあり方等について検討してまいります。また、より皆様にその活動が十分知っていただけるようにしたいと考えております。

 スポーツ推進委員の活動にご理解・ご協力をいただきますようよろしくお願いします。

 

 このたびは貴重なご意見をありがとうございました。

関連ワード

お問い合わせ

農業者トレーニングセンター
電話:0858-55-2707
ファクシミリ:0858-55-2707