子宮頸がん予防ワクチンに関するお知らせ

2013年6月18日

 平成25年4月1日から定期接種として実施しています子宮頸がん予防ワクチン接種の副反応として、発熱・接種した部位の痛み・腫れ、注射の痛み・恐怖・興奮などでの失神などが報告されました。

 それを受けて、平成25年6月14日に開催された第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)において協議され、適切な情報提供ができるまでの間、定期接種の積極的な勧奨は差し控えることになりました。

   予防接種を受けられる際は、主治医に相談し副作用が起こるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ(ちらし).pdf(1.35MBytes)

お問い合わせ

子育て健康課
電話:0858-52-1705