【町民の声】道路上の障害物の排除について

2008年10月2日

受付日 2008年9月29日

 

内容
TCCの文字放送と広報ことうらにて、排除、撤去の勧告を広報してほしい。
例えば
1.路上の駐車は止めましょう
2.道路にせり出している樹木、竹類は所有者各自で切ってください。この際上部分は少なくとも3mまでせんていすること
3.路上に物を置かないようにしましょう。特に曲がり角、十字路には絶対に置かないでください 等々
公共の使用物である道路はすべての人や車が交通障害や事故がなく、安全で安心して通行ができなければなりません。ところが最近道路の内法面に個人所有の庭木や果樹、竹、雑木草がせり出て大変見通しの悪い場所があり、危険を感じることも多くあります。又これから冬場を迎え、道沿いの竹が雪の重みで路上におおいかぶさる事も見受けられます。
これらは通行、交通の大きな障害となっています。素人の個人や隣人が口出しすることはトラブルのもととなりはばかれますので、地方自治体(道路の管理者である)と警察あるいは交通安全協会が一致協力して障害物の排除をして頂きますよう強く望みます。その為には先ず冒頭に申し上げました「呼びかけ」を早急に実施して頂きますよう提案します。
追伸 広報で呼びかけたあと何日か経てまだ目に余るものがあれば、直接所有者と交渉して見通しの障害がなくなるまでつづけてほしい。

 

対応
10月6日より、つぎのような内容の音声告知放送及び文字放送で対応します。
昨今、町道道路上にせり出している樹木や草竹類が多く、通行に支障をきたし交通安全上危険な状況になっています。隣接する地権者の方は、町道にかからないように伐採をお願いします。

町内における道路に路上駐車が見受けられます。歩行者やその他通行の妨げとなりますので路上への駐車は止めましょう。