【町民の声】犬の飼い主のマナーについて

2009年4月9日

受付日 2009年4月8日

 

内容
朝、夕と犬の散歩をしている方をよく見ますが、糞の後始末用の袋を持って出かける人が少ないように思います。
ウォーキングを日課にしている私も、毎日毎日あちこちに糞を見ます。
本当に気分を害します。
犬を飼っている人の最低限のマナーだと思うのですが、琴浦町の人はあまりにもマナーが悪いと思います。
袋を持つという意識が低いです。
もっともっと周知をしていただくか、厳しく罰金なり、琴浦独自の環境条例なりを作ってほしいと思います。

対応
犬の飼い主のマナー(特に散歩中の糞の後始末)につきましては、行政無線・TCC文字放送・町報・看板等で犬の糞の後始末の啓発を行っていますが、現在もマナーの悪い人が少なからずあり、この問題が解決できていないのが現状であります。
琴浦町として、この問題を解消するため、現在、ごみのポイ捨て禁止及び散歩中の犬の糞の後始末を徹底するため町独自の「琴浦町ごみのポイ捨て禁止条例(仮称)」を策定中でありまして、今後早い時期に作成し広く町民に対し啓発したいと考えています。