交通死亡事故防止のお願い

2012年11月28日

鳥取県内では、高齢者が関係する交通死亡事故が連続発生しています。
11月25日は倉吉市で、高齢者が運転する車と歩行者の事故
11月26日早朝には、米子市で高齢者が運転する車と高齢者が運転するバイクの事故
が発生し、2人の方が亡くなられました。

県内では交通事故で亡くなられた方が27人となり、昨年の同じ時期と比べ3人も多い事態となっています。

早朝や夕暮れ時は、車も歩行者もお互い見えにくい時間帯です。
この時間帯に車を運転する方、自転車を利用される方は、ライトを早めに点灯し、歩行される方は明るい服装、反射材を着用して、交通事故防止に努めましょう。

11月30日、12月7日は高齢者事故ゼロの日です。
高齢者の運転者、歩行者の方は、ライトの早期点灯、反射材の着用など自分の存在を相手に知らせ、安全をよく確認して、交通事故防止に努めましょう。